my books

2019-08-09

サポートページ

 

サークル「Kishima Craft Works」にて執筆した同人誌のサポートページです。

連絡先

何かありましたら、kishima(アットマーク)silentworlds.infoへご連絡ください。

作品リスト

ゼロから始めるmrubyデバイス作り

技術書典7新刊予定

『mrubyバイトコードハンドブック』

技術書典6にて、mrubyに関する新刊を頒布しました。訪れて頂いた皆様に感謝です。

『mruby/cの小さな世界』

技術書典5の当日訪れてくださった皆様ありがとうございました!無事頒布することができました。
2019年4月12日に、インプレスR&D様より、同人誌版を改定したものがAmazonPoD版とKindle版として発売されました。


以下詳細

『mrubyバイトコードハンドブック』

mruby handbook
mruby handbook

mrubyのバーチャルマシンの基本的な動作の解説と、バイトコードに含まれる命令群の解説をまとめた本です。
(筆者がよくわかってないので)コンパイラの部分はあえて触れていないです。特にバイトコード上の命令セット一つ一つについて詳しく用例を交えて詳しく説明しています。mruby2.0.0対応です。

訂正項目

  • mruby2.0.0の発表時期:2019年12月と記載している箇所がありましたが、2018年12月が正しいです

改訂履歴

v1.0

  • 初版

v1.1

  • 付録Aを追加
  • 参考文献を補足
  • mruby2.0.0のリリース日が2019年となっていた箇所を2018年に修正
  • 3.19、3.25、3.28を追記修正
  • その他、誤字、脱字の訂正

『mruby/cの小さな世界』(同人誌版)

fanzine cover
fanzine cover

Rubyの組み込み向け実装であるmrubyをベースとした、よりリソースの限られた環境向けの実装であるmruby/cを使いこなすための本です。応用例として、ESP32上でのフラッシュ書き込み不要な逐次実行環境の構築や、2KBしかRAMがないArduiono Uno上にポーティングする方法なども紹介します。

訂正項目

すみません、早速訂正項目あります。以下ご確認ください。

技術書典5での頒布方法

  1. 本+pdfダウンロードコード同封
  2. pdfダウンロードカードのみ

1,2 どちらも1,000円です。

(PixivPayとかんたん後払いに対応しますが、サークル主が不在のときには、現金のみ対応になりますのでご了承ください)

目次

Table of contents
Table of contents
Table of contents2
Table of contents2

参考URL

執筆環境

Re:VIEWを使用

表紙にはClip Studioを使用

Posted by kishima